会社概要

社 名

アイ-コンポロジー株式会社
i-Compology Corporation

所在地

140-0015 東京都品川区西大井1-1-2-206
TEL 03-6410-7077
FAX 03-6410-7078
代表者 三宅 仁
設 立 2016年4月15日
資本金 950万円
取引銀行

みずほ銀行(品川支店)
城南信用金庫(品川支店)

URL http://www.i-compology.com
 

 

Message

company_kogame1

 アイ-コンポロジー(株)は設立2年目を迎えました。
 まだ甲羅も固まっていない小さな子亀で、穴から這い出し砂浜を横切ったのは1年前、今は未知の大陸をめざして太平洋の波に漕ぎ出しましたが、波高く向かう陸地は遥か彼方で見えません。行く手には嵐も待ち受け外敵も多いと思います。
 しかし、大きな夢と使命感をしっかり持って、目をまっすぐ前に向け進み始めています。

 「A-ha!材料」を使っていただく皆様ご自身が、「ヒラメキ!」を直感し発想してもらえるあっと驚く材料を一年以内にも創りたいと思っています。生意気にも・・書いてしまいました。

代表取締役 三宅 仁

company_photo1

 
 

 

【みゃーけさんのブログ】   アメリカパッシングの世界

 2017年のG2077~8日にドイツのハンブルクで開催された。今年はドイツ議会選挙が9月に予定されているため前倒しで7月に開催されたとのこと。あの落ち着いた港町のハンブルクが開催反対派のデモで騒然となっていたが、会議日程は滞りなく行われたようだ。ただ例年のG20と違っていたのは、いつもシャンシャンで終わっていたG20が、トランプ大統領のアメリカの存在感が薄れていることであった。議長のメルケル首相は共同声明の中で、パリ協定離脱を表明したアメリカをはばかることなく示唆して、1 91での環境対策合意を表明した。メルケルさんのトランプ嫌いはテレビ画面を通じても面白いほど分かるが、元々ドイツ国民もアメリカをそんなに好きな国と見なしていないらしい。

 パリ協定しかり、アメリカ抜きのTPP協定推進しかり、4月にトランプが習近平を脅した100日後に中国が明らかにアメリカに反旗を翻したように、どうも世界は以前の「パクスアメリカーナ(アメリカ覇権平穏)」から離れているような、むしろ「アメリカパッシング(アメリカ無視)」に向かっているような気がしてならない。

 当のアメリカでは、このところのロシアゲートでトランプが自ら指名した司法長官を解任する動きや方々に圧力を掛けまくっているとかで、もはやトランプファーストの理解不能な動きが出ているような・・。随分前のウォーターゲート事件を思い出す。

 

 同盟国日本もこの秋までアメリカ大使不在の状況が続くらしいが、常にアメリカを向かざるを得ない状況においては、事態が早く収拾してほしいというのが本音だろう。トランプがこけた後に次期大統領になるペンス氏は結構評判がいいらしいので、安倍首相は次なる状況を見据えて早めに水面下で動いてほしいものだ。また、日本国民や野党も、加計や森友なんかほどほどにして、「木を見て森を見ず」にならぬよう、国民の命が直に掛かっている北朝鮮対策、水害対策や国際経済情勢に目を向けた方がいいと心より思う。

 

 先日グリーンランドの厚さ3,000mの氷がどんどん融けているショッキングな映像を見た。もちろん下流の川は濁流となって流れ下っていた。地表の融解水はそのまま海水面の上昇につながる(海に浮かんだ氷は融けても海水面上昇にはならないが)。地球温暖化はまさに「今そこにある危機」なのだ。森林保全やCO2排出削減に少しでも役立つウッドプラスチックを、「今そこにある温暖化対策」として早く認知してもらえるよう頑張らなくては。

       2017年8月 三宅 仁

 

 

お問い合わせ

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

※メールアドレス(必須)へ入力した内容に誤りがあった場合、お問合せフォームから
正しく送信されない場合がありますので、ご注意ください。

電話番号(必須)

郵便番号(必須)

住所(必須)

題名

メッセージ本文

文字認証
captcha